<< 毛利サルヴァトーレクオモ | main | 魚相 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
ティ−タイムinファンアイランド
 リゾートの醍醐味はのんびりするのみ

 ただ、今回もとても忙しかった…

 ダイビングの合間に食事するだけなのに…

 ビーチにいる時間がとても短かった…

 ビーチで本を読んでいる暇がなかった…!!
 一冊も読み切れなかったのは初めてだ。

 
 このリゾートで困ったことのひとつが、部屋にインスタントコーヒーやティーパックが備えていなかったことムニョムニョ
 今までのリゾートには必ずあった…茶を飲むのにいちいちバーまで行くのは嫌だ。
 「部屋で飲みたいんだ」と仕方なくお土産屋さんに行ってみたが、あるけれど、ティーバックはない(茶漉しなんて持ってきてないし)
部屋のポットもよーくみてみると、沸かせないポット。いわゆる昔の保温するだけのポットだ。
だからティ−パックも置いていないのか〜

じゃ、なぜポットは部屋にある?不思議な備品だ…
ここで考えた…お茶は飲みたい、ポットはある。
そこで毎回レストランに食事に行くたびに、ウエイターにポットに紅茶を入れてもらうことにした。
こちらが勝手に決めたことだが、ウエイターも食事のたびにピンク色のポットをもって来る日本人にだんだん慣れてくれた。(もちろんチップははずみます〜♪)
で、恥ずかしげもなくビーチにもポットを持っていっては優雅にティータイムをしていました。

ミネラルウォーター1,5ℓ=4ドルくらい(税込)リゾートにいる時は水にお金を使うけれど、今回はこの紅茶のおかげでかなり浮きましたお金

一日中、紅茶を飲んでいましたが…夜もぐっすり眠れました〜




JUGEMテーマ:島旅


カテゴリ:ファンIslandダイビング | 13:55 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:55 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://frogmanbrog.jugem.jp/trackback/667
トラックバック