<< 青森県立美術館 | main | Robeks Juice >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | - | -
三内丸山遺跡
 青森の旅で思いのほか素晴らしかった場所
  それは、三内丸山遺跡

縄文時代にあった村…
 まず、案内されたのが、ゴミ捨て場
 ごみを集める場所があるなんて驚きです。
 お墓の場所も決まっています。
 集団で生活をし、決まりを守って秩序があったことが伺えます。
 現代より、近所付き合いがキチンをされていたのでは…


 土器など生活で使っていたものも数多く
 出土されています。

 穀物の種(畑があった)や、矢じり、釣り具もあり
 文化的な暮らしぶり。

 出土したものが数多くあり、まだ発掘中の個所もあるそうです。




 ガイドをしてくれる方がいて、
     一緒にまわります。

 これは高床式なので倉庫として使ったのか、
 または儀式の時に使ったのか?
 ということでした。








 


 小さめの家から、大きなものまであります。







 


 柱が太くてしっかり作ってあります。

 中に入ると昼間でも真っ暗です。



 こちらは4階建て位の高さ!

 いったい何に使われていたのか?

 上にいけば海が見えるそうで、
 なにか、見張りをしていたのでしょうか?

 しかし、登るのも一苦労といったところ。
 ちなみに栗の木だそうです。
 
 



 





 周りには栗の木がたくさんありました。

 とても広い施設なのですが、見学はタダ!
 青森県、気前がよろしいようで〜
カテゴリ:がんばろう・東北 | 18:15 | comments(0) | trackbacks(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 18:15 | - | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://frogmanbrog.jugem.jp/trackback/687
トラックバック